綴る

日々のあれこれ、これまでと、これからと

占いに励まされている話

昨年にようやく博士号を取得し、4月からポスドク生活を送っています。有り難いことに、任期付きではありますが常勤の職もいただきました。雑務をこなし、学生や教職員への対応をし、毎週授業をし、その合間に研究をするという生活をここ1年ほどしています。

非常勤で授業をいくつもかけ持ちして生活している方も少なくない中で、贅沢な悩みだとは思いますが、学生生活が長かった=社会人であったことがなかった私にとって、働くということは本当に大変なことなのだと実感する毎日です。そもそも毎日決められた時間に決められた場所に行くということ自体に未だに慣れないという。お恥ずかしい話です。どこまでが過去の病気のせいなのか分かりませんが、体力が人よりも無いためか平日帰宅したらヘトヘト。土日も休むことに精一杯です。今の同僚の方はお子さんがいらっしゃるのですが、これに家事・育児が加わり、かつ、配偶者が非協力的だと本当にしんどいだろうなと思います。

任期が終わったら次の職を得られるのだろうかという不安で時々ものすごく落ち込むことがあります。先日、美容院に行った時にファッション雑誌の占いコーナーをちらっと読みました。学問=科学に従事しているにもかかわらず、私は占いが好きです。占いの結果をそのまま信じている、というわけではないのですが、将来良いことがあると書かれていれば、少し心が落ち着き、そうした不安から一時的に解放されるような気がするからです。占いとはしんどい時をやり過ごすひとつの方法なのだと思います。

ちなみに、対面の占いもよく行きます。だいたいどこも10分1000円とかで、お財布には決して優しくはない額なのですが、飲み会代と同じくらいの金額で少しでも元気になれるならいいかなと思っています。占いにもいろんな種類がありますが、中でもタロット占いが好きです。タロットは不思議なもので、良い結果の時は青とか白とかのきれいな色のカードが場にでますし、悪い時は赤や黒などのおどろおどろしい色のカードが並びます。見ていて楽しいです。

また、タロットカードにはひとつひとつ意味がつけられているわけですが、人間関係や仕事など、お客さんの決して十分には与えられない情報をもとに占い師がカードの意味を即興で、お客さんの悩みに即して解釈していく過程はまるで職人芸のようでとても面白く感じられます。

で、先ほどの雑誌の占いコーナーですが、こんなことが書かれていました。不安になるということは、気持ちが将来に向かっているということで今を見ていない、大事なのは今だと。今があるから未来がある。今の自分が恐れている将来を回避するためには、今と向き合い、今ここで頑張らなきゃいけない。なんのことはない、言われるまでもなくその通りだ、と思う話かもしれませんが、不安な気持ちになってしまうのは今の状況とちゃんと向かい合っていないからなんだなぁとなんだか納得してしまいました。

しんどいしんどいだけで任期が終わってしまうのはもったいないですし、学ぶことを学び、地道にこつこつと、適度に休みつつ、過ごしていけたらと思えるようになりました。