読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綴る

日々のあれこれ、これまでと、これからと

読み終わってからが本番:皆川博子『死の泉』

ずっと読みたいと思っていたけれどなかなか機会がなかった皆川博子さんの本を、ついに読むことができた。『死の泉』。

舞台は第二次世界大戦から戦後までのドイツ。ナチスの産院(レーベンスボルン)で私生児を出産したマルガレーテは、産院の医師クラウスから求婚される。クラウスはレーベンスボルンにいる少年エーリヒの歌声に魅せられ、彼を去勢歌手(カストラート)にするためにエーリヒと、彼が懐いているフランツを養子として引き取る。

レーベンスボルンの隣に建てられた家の中で一日を過ごすマルガレーテとその子どもたちは、外の世界から完全に孤立している。芸術品に囲まれ、使用人のいる生活。クラウスは毎日ピアノを弾いて、エーリヒに声楽のレッスンをする。第一部では、戦争中とは思えないような、優美で、でもどこか不気味な描写が続く。第二部では打って変わって、戦後ドイツの様子が埃っぽく描かれている。増え続ける移民、ナチスを密かに信奉しつづける極右グループなど。

本書が独特なのはその構成だ。本書は、ギュンター・フォン・フュルステンベルクという人が書いたDie spiralige Burgruine という本を、野上晶という人が『死の泉』として翻訳した本、という体裁をとっている。野上晶訳『死の泉』はマルガレーテの主観で書かれた第一部と、第三者的視点で書かれた第二部、そして翻訳者である野上晶の「あとがき」から成り、その後に、皆川博子さんのあとがきが書かれている。

問題なのは、野上晶の「あとがき」だ。「あとがき」では、ギュンターの『死の泉』を翻訳することになった経緯が書かれている。実際に著者であるギュンターに面会し、『死の泉』で書かれたことの一部は「事実である」ことがギュンターから伝えられる。しかし、野上晶の「あとがき」で書かれていることと、ギュンターの『死の泉』で書かれていることには、明らかに食い違っている点があることが分かる。

ナチスもSSも、レーベンスボルンもカストラートも、そしてフェルメールの絵も、すべて歴史的事実だ。『死の泉』はそういった歴史的事実が盛り込まれてはいるが、基本的にフィクションである。しかし、野上晶の「あとがき」を読み終えた瞬間、フィクションであるにもかかわらず、ギュンターの『死の泉』はどこまでが「本当」のことで、どこからが「本当ではない」ことなのかを、否応なく考え始めてしまう。「本当のこと」を小説の中で探し出そうとすることに意味はないはずなのに、ついつい考えてしまう。そして『死の泉』自体も、どこかに「本当」のストーリーがあって、それがギュンターによって捏造されているのではないかとも思ってしまう。なんとも不思議な読書体験だった。

 

死の泉

死の泉